めも

触覚が欲しい

花束みたいな恋をした 見た

はてブ、久しぶりすぎて書き方がわからず10分くらいかかった。


今日久しぶりに休みだから一日中レディースデーを謳歌して映画三昧してて、タイトルの映画見たら、フェイスタオルが全部びちょびちょになるくらい泣いてた。観覧車から後のシーンずっと泣いてた。(マジで)1人で鼻啜ってたけど、隣の人もだったからヨシ。


もう明日仕事だからただのメモだけど、肉じゃが作りながらパッと思ったことをメモにして残しときます。また直すかも。


映画、なんかぐわんぐわん良かった。靴とか、いろいろ、なんかぐっと来て文字にならない。菅田将暉は前髪あった方が圧倒的にいいのは好みの問題?普遍的意見?


あんな出会いをした2人、本棚がほとんど一緒なくらい好きなものが同じで。でも、今思い返すと作中で好きなものの共有はあったけれど、どこが好きか、どういうところが好きかという考え方の共有はなかったなあって。

映画でも、今村夏子のピクニックの方が好きだ、って話は出るけど、どこが好きかはメインの観点ではなかった。実写版の魔女宅も、何かとの比較でしか話はでていない。結局、同じものが好きって、似ているようで決定的に違うところもある。話し合いが必要だったんだと思う。例えば、イチゴが好きだとして、味が好きなのとビジュアルが好きなのは全然違う。その辺りをなあなあにしたまま、甘い蜜を吸い尽くしてしまったんだろうなあと思う。実際、好きなものを詰める作業は、異和を生むし(え?そんなところ?という違いが生まれる。そこを乗り越えるかどうかもまた別の作業だ)。でも、そこをしない限り人間はよっぽどの運がない限り一緒にはいられないんだなぁ、なんて主語のでかいことを思った。ナマモノだし、1人一個持ってるものだもんね。

ネコの名付けも、話し合いのくだりはなく、ただジジという事実だけだった。フィーリングで恋に至ったから、余計そうなんだろうけど。(っていうか、猫をジジってつけるって、どうなん?ジブリ好きならわかるけど、多分そういうところも全然考えてない感じがするんだよなあ)

昨今のオタクとも似てるかもな〜?とかぼんやり。自分の好きなものを、まるで自分のアイデンティティのように身に纏っている。大事なのは、その何処が好きなのかだし、そこが違うと同じ作品を好んでいても全く違うものを見ているかもしれないのに。同じものが好きというだけで全て同じかのように錯覚している。だから日本ってオタク多いんだろうなあ(主語でか)好きなものはアイデンティティじゃない。好きな自分こそがアイデンティティなのに、難しい。


話し合いのなさは、全編そうだけど、就職活動もそうで。絹との現状維持を望んだ麦が、就活を始める。麦にとっては、今の生活を維持する金を用意することが「現状維持」だったのかな?と思うし、絹にとっては、今の価値観のまま過ごすことが現状維持だったんじゃないかな?と思う。その辺も話し合わずに決めた麦が、転職を決めた絹を責めるところ、痛々しかったな。

敢えて言うと、男の人って結婚の時に「責任」って言葉を使い過ぎだと思う。何に責任を取るのか、取ってどうするのか、何のために取るのか、その辺も考えて言葉にしてほしい。麦も言ってたけど。暮らすために仕事をしてるって言って、仕事のせいでスマホゲームしかできなくなってて、それって仕事のために生きてるんじゃない?と思うし、うーん。大事なことかもしれないけど、自己満足の極みだと思う。守るとか、責任を取るとか、誰から何を、どうして?謎である。



別れ話の時に、結婚したらうまくいくから、結婚しようよって言うのもリアルだった。多分、すぐに結婚していたら、この二人はうまくいってたかもな、とか、そんなのよくあることよって巷の人がやってるみたいに愚痴っては宥め合う関係でいたんだろうなあ、と思った。

結局、趣味から子供というものに、会話の媒体?円滑油?が変わったらうまくいくよね、と思う。この2人、印象とか感覚では合うと思うし。コミュニケーションの道具さえ合えば。


とりあえず良すぎてパンフレットは買った。お酒も飲んだ。良いところ、話し合うのが良いよね、やっぱ。



2人でいる方が1人でいるより孤独だって言葉、麦と絹みてたら思い出した。パンフレット?作中?でも言ってたっけ?