めも

触覚が欲しい

裏切らないでほしいと願うこと

人は裏切られるのを恐れる。

その最たる例が、好きでいてほしいと望むことなのではないだろうか。

好きでなくなれば、好きな人だから、信じて打ち明けた自分を否定されることに繋がるのかもしれない。

裏切っただの、嘘をついただの。

本当にどこまで信じていたのか?と思う。

本当に裏切られたのを憎むほど、信じていたのか?

憎むことは自由だ。ただ、本当に裏切られたのだろうか。

分からない。

騙されることも。信じることも。

信じるって難しいし、でもいつまで信じても突然裏切られることもあるし。そもそも信じるってなんだろう?って。

相手を自分の理想に押し付けること、型抜きのように使うことを信じると言っているうちは、多分永遠に裏切られると思う。

人は生き物だもん。型には収まらない。

自分の予想なんて遥かに超えて色々、する。

理解を超えた時にわかりあう努力をお互いする覚悟があることを信じてるって言うのかなって思ったりする。

裏切らないでほしい。

信じさせてほしい。

一人にしないでほしい。

ずっと好きでほしい。

不安でいっぱいの胸中。

どうやったら満たされるんだろうね。