めも

触覚が欲しい

相談すること

相談するときは、すごく勇気がいる。

相談じゃなくてもいい、愚痴をこぼすことだってそう。とても勇気のいることだと思う。例えば相談をする時って、本当に相談していいのか?(自分の中で十分悩んだか?)とか、相手の迷惑にならないか?とか 色々悩んだ上でようやく言葉にして相手に紡ぐと思う。愚痴だって本来はそう。その愚痴のせいで嫌われてしまうかもしれない。愚痴をこぼすくらいで離れる相手なんて他の理由でも離れるから、そんなこと気にすんなって私はよく言うしそう思ってもいるのだけれど。

でも、言う側からしたら勇気がいるのだと思う。一般的に、楽しい話は良い。相手を不快にしないと思われてる。楽しいことだけしたい、楽しいことだけ聴きたい、なんて言う人も知ってる。楽しいことが良いのか、パッと答えが出ることが、割切れる事が、いいのか分からないけど。ああ、そうだ。愚痴とか相談って答えがないから嫌われる話なのかもしれない。自分の中に答えなんてない。相手が答えを提示したとしても、それを自分が必ず受け入れられる話でもない。だから、なのかも。あいまいさに耐えられないってよく聞く話だ。これはまたいつか考えたいけど。

相談するのに勇気が要らない人もいるのかもしれない。そういう人にとって相談はなんなんだろう?共有?悩みの?じゃあ相談って共有することの恐れ?相手に自分の胸中を見せて、共有することの?

自分を見せるのは確かにとても怖いことで、相談もそういうことに繋がるのだろうか?自分の共有と、相手の不快感と、きっと他にも。

つい忘れそうになることだけど、誰かが自分を頼ってきたとき、相談したり、愚痴をこぼしてきたとき、相手はどんな気持ちで私を頼っているのかと考えるようにしている。私にもとめられている答えを返すのだ。それは私を求められていることもあれば、肯定が欲しいときもあれば、一般論と思えるものも、とうてい私ではない答えが求められてるときもあるのだ。それも含めて、私は答えないといけない。相手が望んでない答えを返すのは相談してくれた相手にも失礼だ。よく相談したのに、とかで文句言ってる人はこの辺の意識の問題だろう。相談したからといってその人の意見が聞きたいわけではないのだ。ただの聞き役として選ばれている時、その人の個性はいらない。難しいね。

広告を非表示にする