読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めも

触覚が欲しい

性癖について

自分がいいなあ、と思うもの、ドキドキしてたまらないもの、うーんって考えると、そこには過去に置いてきた思い出とか、夢とか、今の迷いとか、いろいろ見つかって面白いなあと思います。

もちろんそうじゃなくて、自分が何で好きか分からないものもたくさんあるけど。そういうものは一層言葉よりも強く私を惹きつけるし、そういうものが結局なにより好き。

でも自分の癖について人と喋る機会はまあないし、自分一人で対話を続けるのも嫌になっちゃうので止めることが多いですけどね。たぶん。私はやめませんけど。

性癖がない人いるじゃないですか、あれすごい理解できないんですけど、どうなってるんでしょう? なんだかすごい浅いレベルのこだわりしかないというか……。私的には、「おっぱい!」とか言うよりも「イケメンじゃないと吐き気がする」って言ってる女友達の方がやばいと感じて止みません。結局は、部位とか、プレイとか、そういうものよりも、そういう好きなものに対してどれくらいこだわりを持っているか、がヤバさを表すのであって、性癖自体は自由でいいんじゃないかな?と思いました。だから、そんなにこだわりを持ってない人って何が楽しいの?と思ってしまうのは私がキモいくらい色んなものにこだわりを持ってるからなんでしょうね。キモい。

レインコートと傘と長靴と。

広告を非表示にする