めも

触覚が欲しい

クズ男を好きになること

私はクズが好きです。でもクズを好きになる人って一定の数いて、それは年上好きだったり、年下好きだったり、バンドマン好きだったり、そんな感じの嗜好だと思っています。だって、クズに惹かれるという自覚はあれど、そういうのって、気づけばクズばかり……って感じですからね。

クズと一括りにしてもたくさん種類はいますが、総じてクズが好きな人は基本的に「愛されるのが怖い人」という乱暴な式を立てました。私はそう思っています。怖いから、きちんと愛してくれなさそうな人、しかも自分のことを見てくれなさそうな人、どう見ても不幸になってしまうような相手を選んでしまうんじゃないかな、って。そしたらほら、男の趣味が悪い〜〜って責任転嫁できますからね。みんな責任転嫁大好きでしょう?私も大好きです。

クズ好きから卒業しないといけないなあ、と思いつつ早10年が過ぎました。卒業できるのでしょうか。ポップなクズを紹介します。中学の時いいなあ、と思ってた人に好きなタイプを聞きました。

「足7割 顔3割 性格はなんでもいい」

足フェチでした。外見重視も甚だしい彼は、一般的に言ってイケメンではないでしょう。体格も…。すごいですね、でも声がよかったなあと今振り返っても思います。そうやって、クズはいいところを一つは持っていて、そのいいところを全面に押し出してくるから要注意ですね…。クズ、だめ、絶対。

この世にクズ多すぎない?! 私が歩けばクズに当たるんだけど?!