めも

触覚が欲しい

においのこと

におい。不思議なやつだ。

 

匂いってなんなのか。よくわかっていないけどあいつらは鼻から入り込んだが最後、そのまま脳みそを揺さぶりにかかる。くらくらとする。好きな匂いのパターンは自分ではわかっていなくて、それは例えばラベンダーとか、そういうものとは違う次元の話での、においだ。もしかしたらそれは臭いかもしれない。でもそんなことは些細な違いでしかない。うまく言えないけれど、自分の好きな匂いは、鼻からすぐに脳みその血管に溶けていくような感じがする。匂いは一番記憶に働きかけ、情動にも働きかけやすいものだと聞いたことがある。だから多分、匂いは染みつくのだ。部屋干しのように。わたしが人よりふにゃふにゃしたスポンジのような脳みそだからかもしれないけれど。

前もどこかで話したことがある気もするけれど、わたしは好きなひとも、好きだったひとも、匂いで思い出せる、ような、できないような。匂いがすきだからすきになるわけじゃない。だからその辺は複雑だし、仲良くなった人の匂いを全てすきになるわけじゃない。もちろん不快な匂いの人は存在しないけれど。でも本当にくらくらする匂いの人はいて、そういう人と同じ匂いの人も存在して、そんなときわたしの世界は一瞬で覚えてもいなかった記憶を連れてこられてしまう。その匂いが消えてしまうと記憶も消えてしまう、まるで灯に似てるなあと思う。いつものわたしならここから、記憶の曖昧さだとか、忘れることについて思考回路が走り出すのだけれどもうちょっとだけ匂いについて考えてみる。

 

匂いには二種類あって、ごはんみたいな甘さのやつと、デザートみたいな甘ったるいのがある。わたしは後者こそフェロモンってやつと関係しているのでは?と思うんだけど、そんなこと言い出すとフェロモンってなに?ってまた話が変わっていくから置いておく。でも、甘いのだ。砂糖で目潰しされているような。ごはんの匂いはほわっと脳内を駆け回るけど。ついさっきすきな匂いのパターンはわかっていないと書いたけどわかったかもしれない。甘い匂いだ。土台は違っても、他に何が臭ったとしても、すきな匂いはゲロを吐きそうになるくらい甘いのだ。嗅覚で、甘さを感じるくらいには。

 

 

 

 

広告を非表示にする